NEWS INFORMATION

NEWS INFORMATION and ARCHIVE

2019.09

01

[Sun]

9.1.Sun

ラベル

首振りDolls ナオ連載コラム(9/10月)

首振りDollsは新宿ロフトでのワンマンライブにて成功を収め、勢いに乗って1st ALBUM〝首振人形症候群〟の再発をきめました!!

この作品のレコ発ワンマン、忘れもしないWOWでした。

会場もステージもお化け屋敷みたいにしたいって言った私の無茶なお願いに全力で応えてくれたWOWがあったからこそ、今の私たちがあると思います。

本当に感謝です。WOWにもライブをしに行かなくちゃですね*

時を超えてレコ発は下北沢GARDENに。これまた大っきいところなので皆さん応援よろしくお願いします!

そういえばWOWでバーテンやったこともありましたなぁ。お客さんに噛み付かれたり(例えではなく本当に)大変な夜だったのを覚えております 笑

小倉の街でもし私をみかけても噛み付いたりしないでねっ

2019.07

01

[Mon]

7.1.Mon

ラベル

首振りDolls ナオ連載コラム(7/8月)

東京。

ツアーで何度も何度も訪れた東京。

このところ東京にいて思うことはバンドマンとしてお仕事をするなら、東京にある程度コミュニティを持つ事が必須なのかなという事。

ある程度人脈だったりスタイルが確立されてしまえば地方にいたっていいんだろうけど、やっぱ出てみないとわかんない事がたくさんありましたなぁ。

まぁ、まだ来たばっかりなんだけど。

やるべき事が見えて参りました。

これってバンドに限らずなのかもしれません。

若いうちに東京に行くのはいい事なんじゃないかなと私は思う。

今なら早く東京に行けって言われてた意味がわかった気がするなぁ。

東京でくすぶっちゃうパターンも多いんだろうけど、なんだか私希望に満ち満ちちゃって大変です。

それもこれも今までの繋がりが、東京に来たことによって火山が噴火するみたいに広がってるから。

小倉のバンド首振りDollsは今、東京で戦ってます。

小倉のみんなも元気にやってるかな。

また会おう、ライブハウスで!

2019.05

01

[Wed]

5.1.Wed

ラベル

首振りDolls ナオ連載コラム(5/6月)

こんにちは。首振りDollsのnaoです*5月に誕生日を迎え、ニューアルバム〝アリス〟もリリースして、渋谷スクランブル交差点に首振りDollsのスポット映像が流れたりとこのところお騒がせな首振りDolls。
アリスはもう聴いてくれたかしら?みんなも名前くらいは聞いたことがあるんじゃないかしら、メタル雑誌のBURRN!で首振りDollsのディスクレビューで95点を叩き出しております。音楽誌好きとしてはBURRN!ももちろん購読しておりまして、この得点にはかなり驚きました*ジューダスプリーストのペインキラーの得点を超えているとツイッターで騒ぎになっているのを目撃して『まじかよ』と驚くばかりで御座います*
ラジオで喋ったことがそのままyahoo!ニュースになったりと私が自分で思っているよりも、首振りDollsは騒ぎを巻き起こしているみたい。小倉のバンドがここまできてるよ、あとは地元の熱い爆発力で私たちを遠くまで飛ばしてほしい。勝手にでも飛んでけるように頑張ってるけど、音楽は愛されてなんぼ、あなたの期待や愛も一緒に高く飛びたい。
よろしく頼むよ、小倉!

2019.01

01

[Tue]

1.1.Tue

ラベル

首振りDolls nao 連載コラム(1/2月)

あけましておめでとうございます*
激動の2018年を終えて、新しい門出の2019年を迎えた今、私は猛烈に燃えております。
そんな真夏の夜の夢のような、骨まで溶けちゃう寸前の私。

新年早々、なんの話題かと申しますと今回は銭湯のお話で御座います。
なんで銭湯なのかって?特に意味なんかありません。考えたら負けですわよ。

私、旅先で時々銭湯にお世話になっております。その時々の面白いお客さんをネタにしてSNSにお戯れの投稿を致しておるわけですが、よくよく考えてみました。するととんでもない事実が浮き彫りに。

「え…誰よりも…浮いてないか?私。」

なんで気付かなかったかな、こんな簡単な事に。人のことネタにしている場合ではないので御座います。火事だと聞いて野次馬根性丸出しで見にいったらそれ自分の家ー!!燃えてるー!!くらいのショック。だいぶショッキング。
現地の面白客なんか私に比べたら遥かに馴染んじゃってるわけです。

なんなら男湯に相応しくないロン毛のにーちゃん、私の方が遥かに浮いちゃってるに決まってる。きまっちゃってます、きまっちゃいました。穴があったら入りたい。助けて。

しかもメイク落としが甘くて目の周りまで黒くなってる始末。しかもロン毛。デカめのわかめくっつけておじさんを観察してる私。もはや妖怪。これがホントの妖怪ウォッチ。やかましい。

そんなこんなで新年早々、気付いちゃった大賞受賞です、ありがとうございます。
もういっそ、テキーラみたいなキスで忘れさせてほしいわ。

それではこの辺で、おひらきっ。
今年もどうぞ、よろしくお頼申します*

首振りDolls 公式HP

2018.09

01

[Sat]

9.1.Sat

ラベル

首振りDolls nao 連載コラム(9/10月)

こんにちは

首振りDollsのnaoで御座います。

たまには言葉遊びもいかがでしょうか。




*****

赤鉛筆は女の子。
中に大きな血管が走っていて、筆箱という棺桶の中で眠る。あの子。

*****




赤鉛筆に針を通して、赤い糸で縫い閉じてみたい。

とても可愛い。そう思いませんか。

赤い糸で縫い閉じた、赤鉛筆。


あの子は赤い糸で縫い閉じた言葉を綴ります。


赤い糸で縫い閉じた、手紙を。


その手紙に赤い糸をつけて、愛しあの人へと海へ流すんです。


返事を待つ間、あの子はなんでも赤い糸で縫い閉じる。


長電話の落書きみたいに、意味もなく。


赤い糸で縫い閉じた人形


赤い糸で縫い閉じた洋服


赤い糸で縫い閉じたクローゼット


赤い糸で縫い閉じた靴


赤い糸で縫い閉じた扉


赤い糸で縫い閉じた鏡


赤い糸で縫い閉じた家


赤い糸で縫い閉じた歌


赤い糸で縫い閉じた口


赤い糸で縫い閉じた瞼


赤い糸で縫い閉じた足


赤い糸で縫い閉じた耳


赤い糸で縫い閉じた心。


赤い糸で縫い閉じた、棺。



*****





意図するところがわかるかしら。


物を書くというのは面白いもので、


これを日記といえば日記になり、詩と言えば詩になる。


私は私の言葉で、私の言葉を何者にでも変えられるのか、


それは難しいかな。


海を飲み干す事が出来ないように、


出来ないこともあるのでしょう。


私は、私に出来る全てをかけてやりたい事がある。



10月には首振りDollsのリリースワンマンツアーの追加公演が決まっております。


2018年10月12日(金)
@大阪 十三 Live Music Bar Fandango

首振りDollsメジャーデビューアルバム
「真夜中の徘徊者〜ミッドナイトランブラー」発売記念ツアー
「MIDNIGHT COLORS~真夜中の極彩夢~」追加公演

〈主演〉
首振りDolls

〈VJ〉
TRASH ART WORKS

詳細は首振りDollsのオフィシャルサイトへどうぞ*


首振りDollsは走るのをやめない。

首振りDolls 公式HP